千本釈迦堂にて

FBに書いた文章を転載します。

*********

医者に血糖値が高いと言われたので、B大学まで歩くこととした。

途中で千本釈迦堂に寄り道。

この辺りで戦われた内野の戦い(明徳の変)で討たれた山名氏清の碑と、氏清らの菩提を弔い、経文を納めたお堂を受け継いだ建物をまず見る。さらに氏清と山名宗全

山名氏清の碑

の念持仏が納められたお堂も。(ちなみに、「内野」とは、かつての大内裏があった場所に広がっていた荒れ地のこと)

 

国宝千本釈迦堂本堂

国宝の本堂は応仁の乱を生き延びた数少ない建物として有名。

千本釈迦堂本堂内部、応仁の乱における刀槍の痕

堂内の柱には、乱の時の刀や槍の傷が多数見られる。この堂内で戦闘があったことを実感する。横に並ぶと首から胸くらいの高さに傷が集中、命のやり取りがあったことがわかる。

ふとパリのペール=ラシェーズ墓地でみた連盟兵が銃殺された壁の弾痕を思い出す。撮影禁止の文字がないのをいいことに、パシャり。

 

宝物館、素晴らしい仏像が並んでいる。(こっちは撮影厳禁の文字、多数)。

慶派の定慶による六観音、綺麗な顔が印象的。六道とのかかわりで作られたことを考えながら観る。修羅道の十一面観音の目の下の傷がなぜか、涙のように見えた。また餓鬼道の准胝観音だけが異形、不思議に思う。

十大弟子像(千本釈迦堂HPより)

十大弟子は、半分が修理中で、五人だけが並ぶ。さすがに快慶。ふと「第一説法」の弟子の姿が日蓮像に似ているような気がした。快慶と当時の鎌倉仏教の偉人たちとは交流があったとも考えられ、彼らの姿が、その仏教への真摯な思いとともに、仏の弟子として造形されてもおかしくないと夢想する。だったら、「受戒第一」の弟子は明恵で、釈迦の実子の羅睺羅はいい氏のボン「道元」か。優しそうなお顔の弟子は法然。親鸞は、快慶の師匠の運慶はだれか?などとひとしきり妄想する。

千本釈迦堂境内にて

その後、B大学へ向かったはずが、いつの間にか90度曲がって、R大学の方に来てしまった。
ということで、今R大学図書館でこの文を書いている。今日は、5時まで、閉館も近い。

注:パリのペール=ラシェーズ墓地の壁とは、1871年のパリ=コンミュンに参加した市民兵たちが集められ、次々と銃殺された壁のことです。柔らかい石のちょうど胸のあたりに、無数の銃痕が残っており、そこで行われたことを物語っていました。

パリ・ペールラシェーズ墓地・連盟兵の壁(いい町.netさんのブログより転載)

 

 

楠木正成と湊川神社

神戸に行って、ただで帰るのは面白くないので、湊川神社へ行く。高速神戸の駅を上がったところが神社の入口。

楠木正成墓所入口

右側に楠木正成の墓所がある。墓を建てたのは徳川光圀(水戸黄門)。正成の墓の墓碑銘を書いたのが光圀で、撰文は朱舜水。

楠木正成の墓石
正成の墓石の拓本。事務所で販売している。

 

 

 

 

 

 

 

 

何枚か撮したがうまく写らないので、売店にあった拓本も添えておく。

朱舜水撰の墓碑銘の拓本
徳川光圀(水戸黄門)像と徳富蘇峰撰の光圀顕彰碑

この縁で、光圀の銅像が建てられ、さらに光圀顕彰の石碑も建てられる。撰文は徳富蘇峰。漢文でなく現代文でかかれ
る。
横の石灯篭をみると、元治2年とか、文久2年と言った幕末の年号が多いのに気づく。幕末期、楠公ブームが到来していたことを物語る。石灯籠の寄進者の多くは尼崎・(桜井)松平家。この頃はこの地は幕領とされていたが、この地の領主であった時期もあったのかもしれない。
最初のものは文化年間。この頃から、大楠公崇拝、尊王論が高まりを見せたことを物語っている。勝手な推測をするなら、尊王論、歴史ブームの高まりの中で、尼崎・松平家が領内のこの墓所を観光資源⁈としようとしたのかもしれない。

 

岡藩士奉献灯籠2

別の献納者の石灯籠も見つける。名前がなく「岡藩士」とのみ記され、献納の時期は元治2年(慶応元年に改元される)。岡藩は九州・大分の竹田にあった藩。この時期、「藩」という語は正式にもちいられておらず、尊王の志士らが自称したことから考えて、尊王の志士と考えられる。
岡藩の志士といえば、小河一敏の名が浮かんでくる。
調べてみると小河は文久2年の寺田屋事件で薩摩に拘束され、岡藩に引き渡されたが、一時釈放されていたとウィキペディアに記されており、その可能性は高いと思われる。小河はのちに明治天皇の側近となるので、湊川神社の隆盛に影響を与えたと考えて良いと思う。
宝物館は休館日なので、境内をうろうろ。

楠木正成像 湊川神社ではなく湊川公園内に設置されている。現在は仮住まい。

正成の銅像くらいあるだろうと思ったがなかった。、本殿の横に正成「殉節」の地なるものがある。忠君大楠公が作り出される中での遺跡か。先の墓所といい、「殉節」の地といい、歴史ブーム、尊王ブームの中で、江戸後期にはじまり、幕末・明治と時代を経るにつれ、整備され、神話化されていったと考えられる。
楠木正成という人物、歴史上の「悪党」としてみた場合、非常に面白い人物なのだか、尊王の偉人として位置づけられるに従って、面白くなくなる。本気で天皇を守るつもりなら、簡単に死なずにもっとやり方があっただろう!とツッコミたくもなる。そもそも、みんな自決したのに、正季が「七生報国」と言ったなんてこと伝わらん!太平記以来の創作だろう。リアル正成兄弟よ、こんな風に神様として、祀って欲しかったの?、などと考えてしまう。

羽仁五郎の「教育勅語」論

昨年12月、FBに投稿した文章に少し手を入れて再録。

*****^^^^^****

「都市の論理」の画像検索結果
羽仁五郎 戦前以来の講座派マルクス主義の立場にたつ歴史家。戦後は参議院議員となったり、大学紛争では全共闘派の立場に立った発言をするなど、行動的な歴史家であった。

大学の授業「現代日本政治論」の資料で高校時代によんだ懐かしい言葉に再会した。
当時のベストセラー『都市の論理』の中で、歴史家羽仁五郎本人が紹介した一節。本の内容は、ほとんど忘れたけど、この一節だけは頭の中にドラマの一部のように残っていた。『授業中継』のなかにも、この一節を生かしたつもりだ。

この一節のもとになった参議院での発言の議事録が、授業の中で紹介された。

それは、教育勅語排除決議にかかわる参議院議員であった羽仁五郎自身の発言。
羽仁はいう。「教育勅語というものは、今まで非常に悪い影響があったのだということを国民がはっきり認めること」が大切である。
何故か、それは「道徳の問題を君主が命令したことにある
そして、羽仁の真骨頂とも言える理論が展開される。

たとえ、完全なる真理を述べておろうとも、それが君主の命令によって強制されたところに大きな間違いがあるのである。だから、内容に一点の瑕瑾がなくとも、完全な真理であっても、専制君主の命令で国民に強制したという所に間違いがある。

「都市の論理」の画像検索結果
羽仁五郎著「都市の論理」  学生運動が盛んな頃、新左翼系の学生たちのベストセラーとなった。

『都市の論理』で、羽仁は振り返っていう。
親孝行は大切だし、そのことを書いているなど教育勅語にもいいことがあるという議員がいた。だからぼくはいってやったんだ。だったら天皇に命じられたから『親孝行』をしたのかと。するとその人は黙ってしまったよ(この一文は小生の記憶をもとに、羽仁の口調を再現した創作だから使わないでくださいね。)

そして、羽仁の参院での発言は戦争に突入していった日本の近代史に重ねて論じられる。
やがては全く違ったことが、専制君主の命令によって命ぜられて、国民が率いてこれに従わざるを得ないで今日の不幸を招いたという所に、重大な原因があった
だから
国民は自発的にこれを痛切な批判をもってこれを廃止する。そうして将来再びこういう間違いを繰り返さないということが要請されているのであります。」と。

羽仁はつづける。
道徳の問題、教育の問題というものは、国民の自発的意志によって尊重されるということを我々は期待すべきであって、その点行き過ぎた指図をされない方がよいのではないか。どうか、道徳の問題、教育の問題を法律や命令の下に置いたという過去の過ちを繰り返されたくないと思うのであります。教育や思想の問題というものは、政治の下に置くべきではない。政治の下の置かない方がそれを真実に尊重する所以であるという点を明らかにされたいと希望いたします。
こういって羽仁は話を締めくくった。

羽仁がいっていることは、民主主義の原則からして、あまりにも当然のことである。国家や権力、他の人間が「他の人間の心を支配してはならない」。これを出発点に近代人権思想が全面的に開花する。
ところが戦前の日本は、国家権力が人々の心にずかずかと踏み込んでいた。その象徴が「教育勅語」であり、「治安維持法」であった。
丸山真男や大塚久雄ら当時の進歩的近代主義者が問題視したのは、こうした日本における民主主義の基礎にかかわる弱さでもあった。

日の丸・君が代の強要にはじまり、2006年の教育基本法の改変、そして近年の教育勅語の礼賛の風潮は、ヨーロッパでの信仰をめぐる激烈で目をおおいたくなるような惨劇の中から定着した「精神の自由」「内心の自由」という基本的人権や民主主義、自由主義の基礎がいまだに日本の中に定着していないことを示した。新たに始まる教科『道徳』はこの近代人権思想の根幹を揺るがす可能性を持っている。

内容に一点の瑕瑾がなくとも、完全な真理であっても、専制君主の命令で国民に強制したという所に間違いがある。
この羽仁の懐かしく、厳しい声は、いまだに私たちに日本の民主主義の質とあり方を問いかけている。

国定教科書の代わりに「入試」がある。

歴史用語削減案の中心として頑張っておられる桃木先生のFBでの投稿への返信として書いた文章を転載します。
**************
高校から受験指導を外すことは、信じ難いほど大変でしょう。桃木先生もうすうす感じられておられると思いますが、実は多くの教師は教えるべき何かを見失っています。見失った彼らの「精選」の一つの基準はなんのことはない「入試」です。かつての国定教科書の代わりに入試がいるのです。入試に世界史や日本史を使う生徒が一桁いるかどうかの高校でしか教えていなかった私も長い間、その引力圏内にいました。他の基準はなかなか見つかりません。(最終的には、面倒臭くなって、某問題集を利用しましたが)

高校では、入試でいかに多くの点数をとれるかが、いつの間にか課題になっています。しかも、大学で65点(位かな?)を平均点とするために敢えて高校で教えない部分を攻めてくる問題が出されればだされるほど高校の指導はどんどん隘路に入っていきました。その手法として教えられることが少ない範囲での記憶に頼る問題が多くなってきたからこそ、高校の歴史教育を歪めつつあるのでしょう。
私の学校などはおりざるを得なくなりました。それなら、何かを基準にするか、それが課題となります。ここに国家権力が介入することが、最悪のシナリオです。だからこそ、今回の提案の意味があるのです。逆に「良心的」に削減案を批判する人の中には、こうしたシナリオに利用されるのではという怖れを感じている人がいるのかもしれません。
入試での難問が、高校の歴史教育をプラスに動かす難問なら、それはそれでいいとも思います。確かに授業でも経済史や社会史といった教えにくいところを「飛ばしにくく」してくれましたから。そうした意味で今回の試行テストの「良問」!はいい影響を与えるかも知れません。(逆に一部の問題は高校の歴史の授業を受けても意味が無いと思わせるかもしれません)
問題は何故歴史を学ぶのかを問うことのない歴史教育のあり方でしょう。でもケンカ腰でいうのなら、現代歴史学に対する問いかけ、タコツボにこもりがちな歴史研究にも刺さる問いかけかもしれませんね。
支離滅裂気味で、無礼な物言いをお詫びします。

テロの黒幕としての「西郷」も西郷

本編用のFBにUPしたものです。
*******
ツィーターを見ていて、坂本龍馬暗殺の黒幕は西郷ではないという話がでていた。確かに、現在の研究の到達点からすれば、それは正しいだろう。そもそも、竜馬暗殺の日に、薩摩の三トップは京都にいない。かれらなしで竜馬暗殺を促す行動を行うということは困難だとおもわれる。それは、それでよい。

しかし、だからといって西郷はこうした暗殺とかいった現在から見て非難されるような行動をしない正義の人だというのなら、それは別の話だ。西郷はほぼ確実に罪のない人物の殺害を命じている。実際に存在したのか疑問が出されている坂本の船中八策より先に、それより優れた内容の改革案を島津久光、徳川慶喜や松平慶永らに提出した、ある面で坂本のモデルであった(だから存在を隠されてきた可能性もある)とされる上田藩・赤松小三郎の暗殺だ。厳密な史料批判で有名な青山忠正教授なども、ほぼ西郷の命令であることは明らかであることを公言している。赤松の門弟であった中村半次郎に殺害を命じるのだから、エグい。
薩摩の軍事顧問であったため、赤松が帰藩すれば薩摩の軍事情報が流れること、幕府側の軍事力を高める可能性を嫌い、口封じをしたともみられる。さらにいえば、赤松は薩摩の三トップよりも、島津久光に近かったことから、薩摩藩内部のヘゲモニー争いとの関わりも考えられる。
この行為をどう評価するか、その是非は別として、(それが幕末のリアル)、こうした行為を命令する凄味をもった人物であったことを押さえないと、リアリストとして「悪」にも手を染める正しい西郷像は描けない。親しい仲間や友人・恩人であってもやむを得ないときには命を奪い、仲間に盗賊行為を命じ、江戸の町を焼き払うことも辞せず、さらには会津藩などを人身御供とできる人物。他方で、ひょっとしたら自分の命も道具としてさしだすこともいとわない人物、だからこそ庄内藩など戦争で敗れた藩などから尊敬を受ける人物であったように思える。
こうした西郷の「悪」や「闇」を「西郷どん」で描けるか。結局は正義の人、偉人伝に終始するのだろうな。そうして、幕末から維新にかけてのイメージが作られていく・・・。
なお、赤松についての研究もすすんできた。上記の内容は拓殖大の関良基氏の労作も参考にした。たしかに赤松は優れた人物であったかもしれないが、赤松への思い入れの強さから、時代や状況を無視した贔屓の引き倒しになっていないか。とくに「人民」とはだれか?冷静な分析が必要と思う。

注:数日前、何の気なしに見たNHKーBSの再放送で赤松小三郎暗殺をとりあげていた。リアルタイムで視聴しないで、上記の文章を書いていたことになる。下の番組紹介をみて、大河の提灯番組と判断し見落としたのかも知れない。
番組では赤松小三郎の暗殺を薩摩の仕業としていたし、赤松の業績が紹介され前出・関教授のインタビューもあった。「あり得たもう一つの近代」とのコメントもあった。責任が曖昧で幕末史のリアルというから見れば不十分で唐突の感は否めなかったが、知られざる思想家赤松小三郎が紹介されたことも含め、評価すべきと考える。

NHKが、大河や歴史番組でこうしたリアルを今後どう扱うか?気になるところである。西郷らが負うべき暴力とテロの責任を含めて、単なる偉人伝ではないリアルな幕末の歴史・人物像が描かれることが望まれる。
 この番組は、NHKオンデマンドで見ることが可能です。
 また、この番組に言及された関教授のブログへのリンクもつけておきます。

***番組紹介より「引用」***
英雄たちの選択新春スペシャル
「幕末ヒーロー列伝 これが薩摩藩の底力だ!」
 
日本がかつてない危機に直面した幕末、西郷隆盛や大久保利通らの英雄が薩摩藩から次々と登場し、維新の原動力となった。変革の時代をリードした薩摩藩の底力を徹底解剖!

 260年続いた江戸幕府を打倒し、新時代を切り開く原動力となったのが、日本の南端にある藩「薩摩藩」。幕末、薩摩藩は西郷隆盛や大久保利通、小松帯刀ら傑出したヒーローを次々と生み出した。日本が進むべき将来の明確なビジョンを掲げ、欧米列強とも互角に渡り合い、歴史を変えていった薩摩の英雄たち。なぜ、そんなことができたのか?「薩摩藩の底力」を徹底解剖し、混迷の時代を生きぬく知恵を磯田道史がゲストとともに探る。
【司会】磯田道史,渡邊佐和子,【出演】中野信子,岩下哲典,桐野作人,瀧本哲史,【語り】松重豊

テーブルの下でスネを蹴ることも・・。

小生のFBのシェア記事にいただいた忖度社会への書き込みに対する返信をもとに書いた文です。
******
定年直前の頃には、高校現場、とくに歴史の現場でもすこしずつ「ものをいいにくい空気」が高まり、「このままだったら議会で追及されかねない」といった言葉で教科書の変更も余儀なくされました。当然、授業でのことばも慎重にならざるを得なくなり、「奴隷の言葉」や「言い訳のしやすい言い方」をせざる得なくなっていました。(なにしろ弱虫で、事なかれ主義の人間ですので)
その結果、とくに攻撃が激しいテーマなどについては「こんな考えもある」「こういう事実がある」「検定をとおったこの教科書にこういう記述がある」などという「勇敢でない」言い方が増えてしまいました。もう少し自信があるときは、「いろいろな考えがありますが(※できるだけ別の意見も紹介しながら)、ぼくはこの考えが正しいと思います」、という言い方もしましたが。
しかし、安保法制など憲法に関わるところでは、逆に「ぼくは公務員・教員になるとき、憲法を遵守しますという一札をいれて採用されたのだから、それにしたがって発言します、しなければ僕の与えられた職務に背くことになります」という前置きを置き、その言葉に合致しているか、恥じないかを考えながら話しました。
「勇敢にたたかうことはちょっと」という私ですが、黙りこむのではなく、テーブルの下で相手のすねを蹴る程度でもいいと思いながら、できるぎり事実を示しながら、授業をすすめようと思っていました。

「日本近代史をどうとらえるか」をUPしました。

「日本近代史をどうとらえるか、そのスケッチとして」をUPしました。

*****************************************************
(「日本史Aの自習室」)

<日本近代史をどうとらえるか、そのスケッチとして>

    はじめに
    第1章 幕末期の政治過程をどのように理解するか
      (上) (下)
    第2章 明治維新をいかに評価するか
    第3章 「明治憲法体制」の矛盾と展開
    おわりに

*************************************************
最初は「準備室」のコラム程度のつもりでした。
大学で幕末・明治維新史の授業を聞いて「現在の研究レベルをもとに簡潔な幕末・維新の歴史をまとめよう」と考えたことが出発点です。市民講座での「倒幕・天皇制国家という道とは違う日本近代史があったのではないか」という議論にも触発され「幕末維新」の変革とは何であったのかということも考えたくなり、一昨年の秋くらいから文章を書き始めました。第1章はこうした経過で記され、時間軸に沿ってまとめた形になっています。あれもいれよう、これもいれようとするうちに、簡単にまとめるつもりが、どんどんと膨らみました。王政復古あたりで終わらせるつもりが、それでは終わらなくなりました。なぜなら大政奉還・王政復古の時点では、単に幕府がつぶれた以外なにひとつ解決されていないからです。倒した方も、これといった構想を持っていなかったのですから。
その後、巨大な建築物が崩れ落ちる映像を見るかのように幕藩体制や身分制社会の崩壊していきます。「破壊」というより「自壊」のイメージ。自分たちがはじめたことが想定よりもはるかに大変な事業であることに気づいた連中が、「天皇の信任」を利用して開発主義的な変革をすすめたという筋道を考えました。それなら、そのようにはじめられた「日本の近代」はどのような性格を持っていたのか、天皇制国家論争も頭の端に思い浮かべながら、「受容された近代」と「拒絶された近代」を考えてみました。
終章として、明治憲法体制への展望を記そうとしたました。しかし、それでは不十分でした。維新のなかで生まれた「藩閥政府」=執行権力独裁がその権力を維持しつつ、権力基盤を地主・ブルジョワという階級の間にどのように広げていったのか、強い権力を持ちつづけた執行権力はどのような運命をたどるのか、それは新たな章を必要としました。そして執行権力はしだいに制御能力を失い、戦争へと突入していきます。最終的には裕仁天皇しか、混乱を収めきれないというところまでいってしまいました。
「はじめに」では、大学時代考えたことや学んだことも整理するなど、文章もどんどん長くなってしまいました。
私が書いた文章は論証や研究史の裏付けもない、元高校教師の単なる思いつきにすぎないものだと思います。時間の無駄にすぎないものでしょう。しかし自分なりに日本近代史をまとめてみることは、非常に楽しいことでした。もし、気が向かれたら、目を通していただけると光栄です。

ありがとうございました。10万アクセスを達成しました。

ありがとうございました!

このホームページ「日本近現代史(日本史A)の授業中継」の総アクセス数が、昨日1月22日、ついに100,000件!(「自習室」などでPDF提供分を除く)に達しました。
2015年12月、まだ現役の教員だった頃、直前に行った日露戦争の授業を文章化しはじめてから約3年のことです。『準備室』の「大切なことは何を教えないかだ」には2016年1月5日のタイムスタンプがついています。しかし実際にはHPの設定がうまくいかず、悪戦苦闘の連続でした。公開に踏み切ったのは退職後の2016年4月27日です。その日の「投稿」にはばたばたした様子が描かれています。
それ以降、とりあえず「日本近現代史の授業」を中心に書き続けようと大学図書館を中心にさまざまな「隠れ家」(?)、喫茶店、野外など本当にいろいろな場所を転々としながら文章を書き継ぎました。織豊政権の文章の一部は京都・船岡山(山腹には信長を祀った建勲神社がある)のベンチで書きました。一つ一つの文章には書いていた場所も含め、いろいろな思い出があります。
その後、大学で学んだこと・考えたことを文章にしたり、授業プリントや評価問題などもUPしました。なかなか認知してもらえず、2016年末のアクセス数は約5000件でした。それでもありがたかったです。(年賀状には10000と書いていました。チェックミスでした。お詫びして訂正します)
その後、2017年になるとすこしずつ認知していただき、アクセス数も少しずつ増加し、いくつかの項目は検索エンジン上位にヒットするようになりました。秋にはフェイスブックを開き、ツイッターBOTも開始しました。
それでも400アクセス/日の壁を越えられない毎日でした。ところが昨年11月26日、突如1日1000件以上のアクセスがあり、同時にトータル70000件超えというダブルの達成、本当にうれしかったです。
そして、ついに昨日、100000アクセスという大きな節を超えることができました。
このような粗末な手作りHPにこのような多くの方が見に来ていただいたことに、感謝し、さらによいものにしたいと思っています。
 今後は、中断している「授業中継」を再開させるとともに、「世界史」のHPを立ち上げようと準備しています。
とりあえずは、10万アクセス記念として、時間をかけて取り組んだ「日本近代史をどうとらえるのか、そのスケッチとして」をUPします。近世後期から幕末期の変動、明治維新がなぜあのようなかたちになったのか、そしてその特徴がどのように展開していったのかなどを自分なりに考えまとめたものです
江戸期から明治初年の農村史を総括した百姓成立~その成立と展開、そして崩壊と同様、歴史の全体像を私なりにまとめてみたいという思いで書いたものです。
現在は、1990年代の「政治改革」について考えてみたいと取り組んでいます。これをもとに授業中継再開の材料としたいと思っています。
そのほか、歴史教育や様々なエピソードなど現場の先生方の役に立つものもできれば、考え取り組みたいと思っています。

最後に人気の記事ランキングベストテンを掲げておきます。
いずれもリンクを貼っておきます。(目次やPDF提供分などを除く)

1,日本の産業革命 7995
2,ペリーの来航と開国 3307
3,江戸期の社会~身分制度と農村 3151
4,明治憲法体制の成立 2487
5,貿易の開始~世界資本主義と日本 2301
6,大正デモクラシー~社会運動の発展 2073
7,条約改正 1809
8,大正政変と第一次世界大戦 1614
9,自由民権運動の展開と松方デフレ  1315
10,明治維新(1)明治初年の改革と廃藩置県 1204
(アクセス数は1月23日17時現在)