台湾史

台湾史

歴史を「道徳」に貶めてはならない

歴史を「道徳」に貶めてはならない 本日(20,6,18)の「東北アジア史」のオンライン授業が終了した。 本日の内容は皇民化政策、連合国による戦後構想など。 そのなかで、対日協力者の扱いの問題が触れられていた。 次の時間のテーマにつな...
台湾史

何でも死刑!台湾の匪徒刑罰令

今日は、朝から、自宅で大学の授業をネットで受講。 内地と外地の法律面での違いなど。 とくに台湾では、内地や近代国家ではとうてい信じられ程、無茶苦茶な法令が作られていた。 そのひとつに匪徒刑罰令がある。 この法律の内容や日本の...
台湾史

「国籍」法、そして朝鮮の「反日」と台湾の「親日」

今日は、朝から大学のオンライン授業をうけた。 前半は「国籍」と「地域籍」の問題。戦前の日本帝国においては「日本人」の中に、「内地人」「朝鮮人」「台湾人」がいたという話。なぜ国籍法は台湾人には適用され、朝鮮人には適用されなかったのかなど...
世界史と日本

植民地化以前の台湾「近代化」(メモ)

今回も、大学で受けている授業をもとに考えてみたものです。 授業で学んだことと、調べたこと、考えたことがごちゃごちゃになっていることをお許しください。  またあくまでも自分用の備忘メモですので、ご承知ください。 おもに授業で学んだ内容は...
世界史と日本

ふたつの「リュウキュウ」のちがいは

ふたつの「リュウキュウ」のちがいは  ~台湾と琉球の「文明」化、違いはどこで?~ 今年は、いつも授業を受けている先生が研修で、台湾!へ留学され、講師の先生が、台湾史!概説を教えてくださっています。 その授業の内容にかかわって、もと...
タイトルとURLをコピーしました